日本女子大学を本気で変えようとした話。

周りの女の子がやったことないようなことがしてみたい。

時間をたっぷり使える学生の今しかできないことがしたい。

発展途上国、貧困国で暮らす子どもたちの現実に触れたい。

バックパッカーの彼が見た景色を私も見てみたい。

自分を変えたい。

純粋に、旅→冒険→めっちゃわくわくする!

そうして決意した「世界一周」。

世界一周のために、バイトして貯めた費用は160万円。

そのうち1/3以上を、日本女子大学のせいで手放すことになるとは思ってもみませんでした。

「休学費」って知ってる?

日本女子大学 学則第5章66条
 休学の場合には、施設設備費及び学生図書費はその全額を、授業料については在籍料としてその半額を納めなければならない。

 ※現在は第5章67条みたいです

そうなんです。

休学するにはお金がかかるのです。

私の通っていた日本女子大学では、

1年間休学するのに、施設設備費及び学生図書費の全額+学費の半額

=約66万円の納付を求められました。

はいストップ。

66万円?(笑)←理解不能すぎてこみ上げる笑い

大学を休むだけで、なぜそんな高額な費用を請求されるのか理解できませんでした。

彼に「休学費高いよね」って愚痴ったら、

「え?俺んとこ15万円だよ」って。

えええぇぇぇぇぇぇ

不公平だ。不平等だ。

私のボンビーガール魂に火がついた。(笑)

そうして、当時大学3年生だった私はこの腐りきったポンジョの制度を変えるべく立ち上がったのです!!!

 ①経理課の窓口で値切り交渉

→撃沈。まったく取り合ってもらえず。

②他大学の休学費をリサーチした

相手は“大学”。丸腰で闘っても意味がない……!

まずは、「ぽんじょの休学費は高すぎる!」と論証できるデータが欲しかったので、他大学の休学費を調べることにしました。

調べてみてわかったのは「休学費は大学によって異なる」ということ。

一度でも休学を考えたことのある人にとっては周知の事実かもしれませんが、私立大学の休学費は数万円〜数十万円。国公立大学は無料です。

なぜ通う大学によってこんなにも差が出るのか。

大学はどうして平気な顔でこんな大金を巻き上げられるのか。

さらに、50校近くの大学の休学費を調べてみて、女子大は他の大学に比べて休学費が高いところが多いように感じた。

当時、私が調べた中で最も高額だったのは大妻女子大学の82万2000円。

私の通う日本女子大学も含め、多くの女子大学というものは、4年間の学業に傷をつけることなく、品行方正で、良妻賢母ともなれるようなバリバリのキャリアウーマンを量産したいのかな、と思った。

つまんない大学。

ますます納得いかない。

③休学費の減額に向けて活動中の大妻女子大学の学生に話を聞いた

リサーチしていく中で、ある一人の学生の存在を知りました。

当時、大妻女子大学を休学していた田村あずささん。

彼女もまた、大妻女子の80万円超という高額な休学費に納得がいかず、大学に直々に嘆願書を提出していた。

あずささんに会ってみたい!といろいろ調べていると、

日本を面白くする若者応援マガジン『GAPYEAR.JP』と、海外で働く日本人女性のインタビューサイト『なでしこVoice』共催のイベント「休学したい学生のための交流会@東京」で、あずささんがプレゼンテーターとして参加されることを知った!

これは運命の出会いとなるかも!?と思い参加してみることに。

交流会当日。

あずささんは私の想像以上にバイタリティ溢れる素敵な方でした。

大妻女子大学は、あずささんが提出した嘆願書を受け、80万円の休学費が翌年度から20万円になることが決まったそう。でも、あずささん本人が休学する年度には、休学費改正は間に合わなかった。

すごい。

本人の休学には間に合わなかったけど、この人は学校の制度を変えたんだ……!

あずささんは私の話を真剣に聞いてくれた。

「私は間に合わなかったから、まなかちゃんにリベンジしてほしい!」と言ってくれた。後日、あずささんは休学費改正のためにまとめた資料や実際に提出した嘆願書なども見せてくれた。

ものすごく勇気をもらった。

私みたいなフツーの学生でも、大学を変えられるかもしれない。

④学生総会に殴り込み参加した。

あずささんのお話を聞いて、燃えに燃えた私。

必ずやあずささん、そして大妻女子の学生たちのリベンジを果たす……!

そんな思いで、私は「学生総会」に参加した。

真面目か不真面目かと聞かれると完全に不真面目な学生だった私は、それまで「学生総会」というものがあることをまったく知らなかった。

「学生総会」とは、学生自治会が運営する、学生からの要望を大学側に訴求するかどうかを決定する最高機関の場。数人のクソマジメ熱血いい子ちゃんとその他大勢の“参加しなきゃいけないからジャンケンで負けて仕方なく来てやってる”女子で構成されていた。

ほとんどの子はスマホいじったりお菓子食べたり化粧したり寝てたりしてた。

自治会委員「本日の議題です。1つ目は自動販売機の設置について、2つ目は学生寮に野良猫が入ってきてしまう問題について〜〜〜〜〜」

そんなことはどうでもいい。

私はただただ休学費の値切り交渉がしたいだけなのである。

自治会委員「次の議題です。学則改正の要望がありました。」

きた。

ついにきた。

自治会委員「何か意見、質問のある方はいますか?」

私「はい!」

マイクを渡された。

私「えーっと、実はこの要望を出したのは私です!休学なんて考えたことない人たちが多いと思いますが、みなさんにも考えてみてほしくて、この場をお借りしました!」

場がざわついた。

何アイツ、と小さく笑う声まで聞こえてきた。

くぅ〜、負けてなるものか!

TEDのスピーカーやキング牧師やスティーブ・ジョブズのようにはうまく喋れないけど、自分の思いをマイクを通して訴えた。

f:id:mannaca:20161009164547j:plain

私は、来年度1年間休学しようと考えています。

理由は、バックパッカーとして世界一周の旅をし、世界遺産を巡ったり、ボランティアをしながら、発展途上国の子どもたちの日常や現実をこの目で見てみたいと思ったからです。そして、自分の可能性を広げるきっかけが欲しかったからです。

でも、休学するためには休学費を支払わないといけないことを知りました。

みなさんは休学費がいくらか知っていますか?私は経理課に66万円と言われました。

その内訳は、学費の半額と施設設備費・学生図書費の全額です。籍を残すだけなのに、たったそれだけなのに、1年間受けない講義と使わない施設と読まない図書のために66万円です。

周りの大学と比較しても、早稲田は15万円、慶應は33万円、MARCHの中には5万円や8万円といった大学もありました。国公立大学は無料です。調べれば調べるほど、ポンジョの休学費に納得がいきませんでした。

また、休学する理由も、私のように海外に行きたいという人もいれば、経済的負担という人、精神的に学校に行くのが辛い人など、さまざまだと思います。

そんな人たちから、66万円もの休学費を徴収するのはあまりにも酷だと思います。

大学でも、女性のグローバルな社会進出を理念として掲げているくせに、自発的に世界に飛び出そうとしている学生に対してこの学則は矛盾していると思います。

だから私はこの学則を変えたいです。私の値切り交渉に協力してください!

拍手が起こった。(涙)

そして、前の方に座っていた真面目そうな一人の女の子が手を挙げた。

「私も、休学を考えたことがあります。留学がしたかったからです。

でも、私が留学したかった大学はポンジョの留学制度で定める認定大学・協定大学じゃなかった。教授や経理課に相談したら、その大学に自主留学するなら休学しなくてはいけないと言われました。

休学費の金額を知り、結局、自主留学はあきらめました。すごくもどかしかった。

だから、この改正は本当に実現してほしいです。」

泣きそうになりました。私がアメリカ人だったら絶対ハグしてた。

私の要望は、9割以上の賛成票をいただき可決されました。

私がやっていることは決して無駄ではないと確信した。

⑤嘆願書提出

学生総会が終わった後、学生自治会から嘆願書の作成を依頼されました。

やっと、大学に正式に抗議できる。

経理課で門前払いされた日から、すでに半年が経っていた。

この頃には、大学の経理課や自治会の学生や教授たちの間ではちょっとした有名人になっていました。(笑)

私はすぐに嘆願書を作った。

f:id:mannaca:20161009020921p:plain

f:id:mannaca:20161009020928p:plain

やり切った。

あとは結果を待つのみ。

後日、当時の学長から通知が届きました。

結果は、要望には応えられず、学則は変更することはできない、というものでした。

負けた。

私の闘いは終わった。

私は、世界一周のためにバイトして貯めた費用160万円から、

66万円を日本女子大学に納付し、休学しました。

悔しくてたまらなかったけど、なんだか妙に清々しい気分だった。

大学という巨大な敵に全力でぶつかった経験は、私を変えたような気がする。

きっと、経理課の窓口に文句を言いに行ったあの日から

私の「世界一周」は始まっていたんだと思う。

私は世界一周後に復学し、旅をする女性のライフコースについて卒業論文を書いた。

その卒論は、保管論文に選ばれ、今も日本女子大学に残っています。

卒業式では、私の世界一周や卒論などが評価され、各学科で2人に贈られる賞をいただき、金一封までいただいた。

嬉しかったけど、なんか違うって思ってた。

そうして私は日本女子大学を卒業しました。

総じて、とても楽しくて充実した学生生活だった!

誰か私のリベンジを果たしてほしい

ふと、ポンジョの今の休学費はどうなってるんだろう?と学則を調べたところ、未だに休学費は66万円のままでした。

ちょっぴり悲しくなった。

現在の学長である佐藤和人学長!

ポンジョのお偉い方々!

そして学生諸君!

どうかこの記事を読んで、考え直してほしい。

留学だって素敵。

4年間で沢山良い成績を取って首席で卒業するのも素敵。

でもそれと同じくらい、大学という枠を自ら飛び出して、

バックパッカーで世界を放浪したり、

自主留学したり、

起業したり、

自分の人生を見つめ直すために一時停止するのも素敵じゃあないか。

と私は考えるわけです。

制度や制約なんかに縛られず、

納得いかないものにはとことん反発したっていいじゃん。

お嬢様ぶってないでアクション起こそうよ。

周りの目なんて気にしないでやりたいことやろうよ。

そのほうが学生生活楽しいよ。

ってポンジョの学生に伝えたいです。

この記事が拡散されれば、

一人くらいアクションを起こしてくれるかもしれない。

この思い、学長まで届け〜〜〜〜〜〜〜〜!!!(笑)

おわり。

ー追伸ー

この記事を書くにあたって、実に数年ぶりにあずささんに連絡をしてみた。

あずささんは私のこと覚えててくれました。

当時を振り返り、私たちよく頑張ったよね、お互いお疲れ様でしたって話になって。

今、懐かしさとともにあれは私の青春だったなって思いがこみ上げてきてます。

あずささんは、大妻女子大学を卒業されてから立ち上げた映像制作会社を半年ほど前に退職され、現在はフリーランスで主にブライダル映像制作のお仕事をされているそうです。フリーランス……なんだかこちらでも妙なご縁を感じてしまいます(笑)

これからホームページなどを作るそうなので、ここではtwitterアカウントだけ紹介させていただきます。ブライダルの映像制作をお考えの方、一度ご連絡してみては?素敵な映像をつくってくれますよ!

そんな田村あずささんのツイッターはこちら!

twitter.com

そして、あずささんが私のブログを読んでくれ、

「これほんとにやってほしい!」と言ってくれたのがコチラ

じわじわ読まれていて嬉しいです。

ブログって抵抗あったけど、自分の気持ちを素直に吐き出せるからいいですね。

これからもマイペースに更新していくぞ〜

ーさらに追伸ー

なんと、この記事をきっかけに休学費問題が注目され、2017年度より日本女子大学の休学費が年間20万円に減額となりました!

多くの方が共感してくださったおかげです。

本当に本当にありがとうございました。

減額の知らせを受けて思いを綴った記事がコチラ

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

48 Comments

  1. しそのは

    拝読しました。祖母、母、叔母と桜楓会の人です。母はバザーとかファミリーフェアにも出入りしている様子なので何かしらじわじわと話題にして貰えるよう、けしかけておきます。お察しと思いますが、あのおばちゃんたちのジワジワ口コミは中々侮れないと思いますので…母はその頃なのでリュックしょって日本全国ユースホステル巡りが精一杯でしたが、今なら世界を回っていたと思います。

  2. 匿名

    66万円は160万円の1/3強ではありませんか?

  3. 久しぶりにここまで香ばしい人を見た

  4. 匿名

    確かに日本女子大学の休学費用は高いですね。このブログを読んで教官することは多々ありました。それと同時に、早慶やマーチ、国立大学は入るのはとても難しいですがその分学生が受ける恩恵は大きいと感じます。

  5. はつゆ

    病気やケガで授業を受けられず、高い休学費を払わなければならないっていう話なら共感しますけど、留学や旅行で高い休学費払わなければならないって嘆くのは少しおかしいと思います。
    なぜなら、留学や旅行、ボランティアをするなら大学を卒業してからでもできることだからです(海外ではそれが一般的だと聞きます)。
    「時間をたっぷり使える学生の今」って書いてますけど、その余りある時間は勉強するために存在するのではないでしょうか?
    大学は、単なる良妻賢母や単なるキャリアウーマンを量産するためでも、在学中の学生を世界一周の旅に送り出すために存在するわけでもないと思います。
    大学で学ぶということがいかに困難で贅沢だということ、世界一周の旅で学ぶことはできませんでしたか?

  6. 匿名

    はじめまして。大変興味深く記事を拝見しました。
    そこで一つ質問があるのですが、なぜ数ある大学から日本女子大学に入学したのですか?
    休学にかかる費用については直前までご存じなかったようなので、ここまで行動力のある方がどういった理由で大学を決めたのか純粋に興味があります。

  7. うちの大学ど貧乏ですからね。

  8. うちの大学ど貧乏ですからね。

  9. 匿名

    香ばしいとか寒い事言って悦に浸ってる人も居るみたいだけど、言って然るべき事だと思います。66万とか学生の身だと洒落にならない額だし、それによって自分のやるべきことを潰される人も多いでしょう。本当にその金額が大学にとって必要なのか考えると答えは明白かと思います。行動した勇気に素直な敬意を表しますし、そのパワーが今後のあなたに好影響を与えることを願います。

  10. 匿名

    へー。学生にありがちな
    何かを打開したくてムキになる姿かな

  11. arimac

    素晴らしい行動力に拍手を送りたいです。変わるといいですね!

  12. ななし

    素晴らしいことだと思う。
    中には卒業後にやればいい、とか的はずれなことを言うお馬鹿な方々も居るようですが、経験は年齢によって得られるものが変わるので、そのタイミングで世界一周は大きな転機になったことでしょう。
    休学費用への活動も踏まえての世界一周というのは、なかなかにやりきってないと出てこない言葉だと思います。
    ただただ座って、教えられることを覚えるだけが勉学じゃ無いことを証明してる、この記事にであえてよかったです。

  13. 通りすがり

    下世話な話、留学やボランティアは就職活動で有利になると聞く。
    それに、大学でウェーイと飲んだり遊びにあけくれる学生達に比べ、自分で稼ぎ外国へ飛び出そうとする意欲はこの歳だからじゃないかとも思う。
    大学を辞めるのではなく休学してやる事に何の問題があるのだろう?
    ここでただ批判するだけの人よりよほど自分の未来を見据えた人だと思うけど。
    冷めたコメントの人は学生総会で化粧してる学生と同じ。
    一回で変わるなんて難しいだろう、次に続く人が居れば良いなと願う。

  14. eatingdisorderrolemodel

    拝読しました。私は早稲田の学生ですが、そこまで大学によって休学費が異なるとは知りませんでした。その熱意と行動力見習いたいと思います。ありがとうございます。

  15. 卒業生

    卒業生のひとりとして、ぜひ改正してもらいたいと思います。あなたの行動は本女の掲げる三大綱領の「信念徹底」「自発創生」に従ったものだと思いますし、却下した大学の態度にがっかりしました。

  16. じゅんいちろう

    素晴らしい!目の前に見えている疑問に素直に行動しつつ、やることに満足しちゃって現状は全く変わっていないけど、なぜか清々しいって気持ち、よく分かります。
    思ったことに素直に取り組みつつ、当初の目的のバックパッカーはちゃんとやったってのが素晴らしい。手段が目的になりがちなのをよく回避されました。僕は自分を振り返ると出来てたか怪しいです。ちなみに、僕もバックパッカーでした。

  17. レイチェル

    私も少しだけ似たような経験をしました。ボランティア団体を立ち上げ、メディアに取り上げられるまでになったのですが、それが原因で退学処分に。カトリックの学校で募金活動などボランティアを積極的にしていることを売りにしているのに独自のものを始めた生徒を退学にするのは間違っていると訴えましたが、結局都立高校に編入することになりました。言っていることとやっていることが違うことが多いのは女子校の特徴なのでしょうか?学校側が柔軟な姿勢を取らないというのは女子校の強い傾向だとは思います。

  18. kabakabayaki

    素晴らしいですね。自主的な行動は、学習において何よりも大事だと思います。それをサポートする大学の姿勢であってほしいものです。

  19. 匿名

    読んでいて泣きそうになりました。
    結果振るわなかったようですが、素敵な体験だと思います。
    周りには色々心ない事を言う方もいると思いますが、負けないでください。
    これからも応援しています。

  20. chanmika

    私が卒業した大学も、90%の学生が
    留学にいく中で、全員
    海外の語学学校 + 数か月足を踏むことのない大学
    両方への学費の支払いしないといけなくて
    私は学内のメールシステムを用いて
    学生全員に大学に学費を納めなくてすむように
    嘆願書もどきを送り付けた経験があります。
    結果は、賛成の数が足りず撃沈でしたが、
    やってよかったと思っています。
    結果はどうであっても、
    アクションを起こしたことは
    他の人にはわからない学びなりました。
    アクション、大事ですよね!

  21. はじめまして。
    よく健闘されましたね。
    その勇気と行動力に拍手を送りたいです。
    こちらのブログについて書かせて頂きました。
    ご不都合があればお知らせくださいまし。
    http://blog.goo.ne.jp/franny0330/e/bce0055df8ef955619e5b93034e88355

  22. 匿名

    安易な休学を阻止する上で役立っているのでは?
    私は今時珍しく立派な女子大だと思います。
    休学してまで海外放浪して遊ぶなんて、
    親やまわりの大人が殴ってでも阻止すべきです。
    しかも女子ならなおさらです。
    大学非公認のいい加減な斡旋業者から留学して
    強姦殺人された女子大生の話もありますし。

  23. 大学教員

    素晴らしい行動力に感動しました。留学したいという心意気と大学を変えたいという熱意に感服です。
    現在、SGUという世界に通じる人材を大学が育てるという支援事業があり、様々な大学が補助金を受けています。つまり国として英語を話せるというだけではないグローバル人材を育てることが求められています。しかし大学生の中には「将来、日本で暮らすから別にどうでもいい」と考える学生が多く、残念に感じることが多い中、留学したいと考えられるのは、とても素晴らしいと応援したくなります。その経験は大学では確実に得られない経験になると思いますので、是非、色々なことを学んで欲しいと思います。
    また大学は高等教育機関ですが、少し視野が狭い側面があるように思います。頭でっかちな教員もいまだに多いかもしれません。しかし、それを変えようとする学生がいることはこれからの大学を変えるための原動力になるのは間違いないと思います。
    大学を変えるアドバイスとしては、政治力です。汚い大人は裏から手を回しし、根回しをします。仲の良い教授もしくは話を理解してくれる大人を巻き込みましょう。大学全体では難しくても学部単位で変えることはできるかもしれません。一人でダメならもっと多くの人を巻き込めばいつか叶うように思います。
    批判等もあるかもしれませんが、これからも頑張って欲しいと思います。

  24. つじ

    素晴らしいと思うし、最近の学生には見ない主体性、独創性もある。でも彼氏が早稲田なのはポン女のテンプレですね。

  25. azharpk13

    wonderful post . i still imagine how it will be like to study abroad

  26. やま

    休学費について入学前に調べておけば良かった話かと思いました。
    海外に行くために休学するという話はそこまで珍しいものではなく、入学前の段階で興味がなくても一応調べておくべきかと思いますので、そこを大学のせいにするというのはなんだか違うような気がします。
    私は国公立生のため休学費はあまり関係なく、よく分からない部分もあるのですが、休学費というものはただ単に学生から搾取するという以外の意味もあると思うのです。
    なぜ使わない、読まない施設や図書の管理費を出さなくてはならないのかという旨の記載がありますが、大学に復学した際に利用する可能性があるため、それまで維持しておくための資金などになるのではないでしょうか。
    ただ他大と比べて高い、許せない、だけで動くのは考えが浅すぎると感じました。
    世界一周をしたり、大学の制度を変えようとするような行動力自体は賞賛に値するものではあると思います。

  27. おまぬけ

    香ばしいなど言ってる香ばしい人はクソして寝てろというかんじです。
    理不尽なことに対する抗議・行動はとても素晴らしいことと思います。
    休学にかかる実費+アルファ以上のものを請求する合理的な理由が全くないですからね。
    こう言ったことも入学する前の情報として伝わって選択されない理由の1つとなればいいと思います。

  28. yosstn1013

    自分は大学2年で休学も考えたりするので、この内容は深く心に響きました。うちも半額で納得いかないので、聞いてみようかと思います。

  29. 地方大学の教員

    地方大学の教員です。あなたの疑問に感じたら行動に移す勇気と実行力、素晴らしいと思います。それと文章力も読みやすくて想いが伝わってきました。「学長に届け~~~~」に微力ながら協力できればとFBで記事シェアさせていただきました。

  30. skuldgoddess

    同窓会のえらい人を通したら?

  31. 在学生

    現在日本女子大に通っている者です。
    記事読ませていただきました。そして、初めて高額な休学費の存在を知り、驚愕しています。
    日本女子大は他女子大と比較しても国際的を謳っている割には保守的な校風であると思います。しかし、今年の夏休み直前に行われた学生総会へ参加した際、協定大学への留学に関しては枠を増やすと共に補助金の増額を行う旨が発表されていました。
    筆者さんが訴えてこられた休学費との直接的な関係はありませんが、少しずつ大学側も学生達の国際性を育成するサポート体制を整えてきてるのかなと思います!
    それにしても、休学費高すぎですね。。

  32. 匿名

    正直、全然共感できません。
    何のために大学に入ったんですか?
    勉強できるって、すごく贅沢なことだと思うんですけれど。
    「時間をたっぶり使える学生の今しかできない」って、ますます意味不明です。
    私は理系大学に通っていましたが、大学時代は勉強と研究でものすごく忙しかったです。
    文部科学省が国立大学改革の一環として「文系の学部廃止を含む見直し」の要請していますが、「時間がたっぷりある」と考えるあなたみたいな人がたくさんいるから、文系学部の意義が問われているんじゃ無いでしょうか?
    (日本女子大学には理学部もあるので、筆者さんも理学部かもしれませんが)
     
    海外に行って、大学に通えることが贅沢なことだと思いませんでしたか?
    大学に通える贅沢の最中、それを中断し、再開できる芽を残しつつ、発展途上国へ行き貧困国を覗き見に行くって、すごく上から目線な感じがします。
    大学に行くことが、あたりまえで、社会に出るための箔付けだと思っていませんか?
    大学は勉強するところだし、しかも自分で勉強することを志して入学したんですよね。
    なぜ、自分の意思で勉強しようと思って入学したのに、それを中断して他のことをすることが、さも素晴らしいことのように語られるのでしょうか?
    「この思い、学長まで届け」って届くでしょうか?
    学長からしたら、学生には勉強してほしいと願っていると思います。
    大学生で、世界放浪、自主留学、起業・・・それ、大学生でいる必要ないですよね。
    大学生っていう安定しているポジションを確保しつつ、好き勝手なことをするっていう姿勢が、なんだかなぁ・・・という感じです。
    疾病などのトラブルで休学が必要、などの理由で、高額な休学費のために行動するというなら、素晴らしいことだと思います。

  33. musica1031

    今まったく同じ問題に直面していて、なんかもう、うわぁぁぁって感じです!!
    色んな機関とか人とガツガツぶつかってみたり(避けたり)したいと思います。
    とりあえず旅するために奮起奮闘って感じです

  34. 手分

    休学するのに休学費が必要!?
    それも66万円の高額!
    おそらく裁判で勝てる事例ではないでしょうか。
    平成18年の学納金返還訴訟の最高裁判決を(東大)法学部の専門家に示して、判例の趣旨から高額な休学費の妥当性を検証してもらい、勝てそうなら弁護士に相談しては?
    不当利得返還請求の時効は10年なので、勝てば返金がありますよ。

  35. 通りすがり

    んー
    休学費にしては高いですね。
    なら、一度退学でもすれば良いのでは?
    帰国後、再度入試を受けて入学し直せば休学費は不要。
    退学前に取得隅の単位は認定して貰えば再受講も不要でしょう。
    それでも休学で留学などするのは、在学生としての地位をキープしたいという保身があるのでしょう。
    その保身代が休学費。

  36. 匿名

    私は国立大のため、休学費を支払う事自体に違和感を感じます。。。施設使わない人から施設維持費?意味がわからない。
    このような行動は、素晴らしいと思います!
    逆に、この行動を、冷めた目で揶揄する人は、意見を言えない、the日本人って感じで哀しい。。
    学生総会では、冷めた目で見る人が多数派ではなく、賞賛の声を出せる雰囲気だったようで、何よりです(T_T)

  37. くー

    その行動力を、素直に讃えたいと思います。
    最近、女子大は経営が厳しいようですから、マンモス大学のようにはできないのかもしれませんが…
    今後は学生も経済的な理由で休学するケースが増えるかもしれません。
    組織を動かすのは難しいことですが、その日までこの活動が語り続けられますように…

  38. 西生田

    日本女子大学の西生田のキャンパスに通ってる者です。すごく感銘を受けました。お話したいです。

  39. 卒業生です

    嘆願書に共感しました。素晴らしい行動力で尊敬します。
    このご時世、4年間も高額な学費を払い続けられる学生ばかりではないでしょう。新卒一括採用の日本社会では、卒業後の留学や旅行は、その後の職業選択を不利にしてしまう現実もあります。社会に出る前に立ち止まることは、長い人生を考えれば、決して無駄にはならないでしょう。この嘆願書を読んだ当時の学長からのお返事には、心底落胆し失望しました。それなりに良い学生生活を送り、それなりに好きな大学でした。でも、余りにも時代遅れで残念な大学側の対応に、所詮その程度の大学か、という落胆と、いやいやそんなことはない、と期待したい思いが交錯しています。

  40. 理系大学院生

    自身の属する組織を変えるための行動、素晴らしいと思いました。
    大学で行う座学も勉強ですが、他の国の人々と交流することもまた他に代え難い立派な勉強であり、自分の進路を決める前の若い時期にこそ、経験する価値があることだと思います。この他にもいろんな形の「学び」が広く受け入れられるようになるといいですね。
    コメント欄には「大学に通っている贅沢な身分で途上国の人々を覗き見しに行くなど下品だ」というような趣旨の意見も見られますが、現地の人々と接したことのない人には、途上国の問題も、どのような支援が必要か、ということも実感できないでしょう。また「贅沢な」身分の人々がそうでない人々の問題を把握し、支援することは当然のことだと思います。そうでなければ一体誰が弱者を支援できるのでしょうか? 恵まれた人にはその状況を存分に活用してほしいと思います。
    女子大生が途上国で活動することに伴う危険性というのはもちろん無視できないと思います。大学には禁止ではなくサポートという形で、そのような問題に対処してほしいところですが、きっと難しいことなのでしょうね。
    ところで、当時の学長さんからの返答には、嘆願却下の理由は書かれていなかったのでしょうか。大学側にも予算の都合があるでしょうし、その辺りが詳しく分かれば、今後の同様の取り組みの支えにもなるかと思います。

  41. 質問があります!!

    私も世界一周してみたいと考えている女子大生なのですが、こんなことを言えば100パーセント親から反対されます。女一人で海外なんて危険すぎる!と。
    そこで、女一人でも世界一周できるのか、安全性はどうやって確保するのか、またお金はどれくらいかかるのか教えていただきたいです。
    もしよければ簡単な答えでもいいのでお返事いただけたら嬉しいです。

  42. 通りすがりの留学生

    非常に感銘を受けました!すばらしい
    使っているからこそ維持費を払うものですよね普通・・・観てもいないものに金を払わせるN○Kといいなんで日本はこんなものばかり・・・
    こういった行動をしてくれる学生がドンドン増えれば日本の未来もまだ明るくなる気がします。
    そうしてそれを受け入れて変わっていける大学が増えればもっと学生の質も上がるだろうしいい循環が生まれるといいな
    現在私は社会に出てから一度海外に出ていますがやはりこいういう経験は絶対に一度はしておくべきだと実感しています。他のアジア圏の学生なんかいっぱいいますよ~日本人もポテンシャルは他の国の学生なんて目じゃないくらいに高いんですからドンドン出て行ってほしいですね。
    特に学生のころがもっとも適していると思うのでそれをあえて阻害するような古い体制を改めて本当に学生のことを支えてくれる大学というものが増えていくことを望みます。

  43. 拝読しました。
    単純にあまりに高すぎる休学費という問題に対して
    具体的な行動を取ったことが素晴らしいです。
    学生なんだから勉強しろとか保身ための保険だとか
    そんなの入学前に調べておけとか
    色々ネガティブコメントが散見されますが
    それは話の本筋ではないと思いますが。。。
    安全地帯から物事を眺めて淡々とコメントする評論家にならず
    具体的な解決策を考えて、具体的に行動することが大切です。
    ぜひそのスタンスを継続してほしいなと思います。

  44. shizai-asdfghjkl

    その行動力マジで感動しました。というか疑問に思ったことに対して泣き寝入りせずにアクションを起こすそのバイタリティーと気概が見ていて気持ち良いもんです。

  45. 自分も休学した身です

    自分も休学して語学留学に行きました。大学の語学教育が不満だったからです。「国際関係学」という学部に入ったのに、あんな授業で英語が上達するわけないでしょ、という単純な不満でした。幸い当時は円高でしたので、日本の大学に収める授業料とほぼ同じ額で留学できましたので、語学留学を選択しました。
    私は国公立大学でしたから、休学費という問題にはぶち当たらなかったのですが、もしぶち当たっていたら心が折れて留学せずにいたかもしれません。
    でも留学することで英語を話せるようになりましたし、今は英語を使いながら仕事もさせていただいています。
    何事もいろんな経験を若いうちにするべきだと思っていますので、その機会を奪うもしくはそれを逆手に取って金儲けする私立大学は許せないです。もし自分の周りに大学進学を考えている人がいたら、休学費の高い大学は勧めないようにしようと思います。少子化ですので、大学は飽和状態ですから、こういったマイナスイメージが世間に広まると、一気に人気がなくなって経営に行き詰る可能性もあるかと思います。
    ただ、せっかくの母校ですから、できることなら改善してほしいですね。貴女の声が早く届くことを切に願っています。

  46. 66万円は高いのですか?
    私の母校での話ですが、在学時に海外に1年間語学留学をしたかったので、総務の方に休学申請の話を聞きに行ったら、普通に通っているのと同じ額…金額は忘れましたが…百数十万円(千葉県の理系の単科大学で授業料が高かった)…160万円ぐらいっだったかなあ?…一切減額されないと言われ、英語を身につける夢を諦めました。歴史ある大学なのに。
    授業受けず籍をおくだけななのに、学生の成長を後押しせず、金だけとる大学の姿勢に幻滅したきおくがあります。未だに、別の大学へ行けば良かったと後悔しています。
    私なら66万円なら諦めず、将来の為に休学していました。私の感覚は変ですかね?

  47. ムーミン

    学則、改定されましたね。やったね。

  48. smallworld1013

    勝手ながらシェアをさせていただきました。
    とても感動しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です